Skip to content

サムシング SOMETHING(6 引退 種牡馬などとして、第2の馬生へ。)

かわいい鹿毛の馬体の男馬である、サラブレッドのサムシング(SOMETHING=イギリス語であるもの・何かという意味 牡・5歳)は、イギリス遠征を終えて、ロンドンのヒースロー空港に移動、ストールごと、飛行機に積み込まれ、同空港発の飛行機で名残惜しいイギリスを後に、帰国の途に就き、渡航しました。

サムシングは、千葉県・成田市の新東京国際空港に無事着陸し、ストールごと、飛行機を降りました。

サムシングは、馬運車に載せられ、入国着地検査を受ける為、同・白井市(旧・印旛郡・白井町)の、競馬学校・国際厩舎に入厩、着地検査を受けました。

着地検査を無事に受検した、サムシングは、北海道・沙流郡・門別町(→日高町)・門別の牧場に入り、放牧休養に入りました。

馬主でもある、優貴くんも、イギリス遠征から、帰国の途に就き、牧場に戻って来ました。

翌日の牧場の放牧場では、休養中のサムシングが疲れを癒しておりました。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは、日高の空に、声高くいななきました。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サムシングは、門別の牧草の大地を大きく蹴って走りました。

イギリス遠征から帰国した、サムシングも、疲れを癒しては、脚を蹴って走っていました。

SOMETHING「パカッ。」

SOMETHING「ブルルルルルルルル。」

優貴くんが運営する牧場に、電話がかかってきました。

 

調教師から、サムシングの引退式の日程が決まったのです。

10月の第3回の京都競馬場の開催日の休憩時間を使用して、サムシングの引退式を挙行することが決まったのです、同時に競走馬登録抹消することも決まりました。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「ウ~~~~~!」

SOMETHING「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

サムシングは、大きい💩(うんち)を落としていました。

SOMETHING「バシャ~~~!」

サムシングは、大きいおしっこ(尿)を出していました。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは大きく、声高いいななきで叫びました。

サムシングとは、イギリス語で、あるもの・何かという意味。

何かある競争があった時、先頭で制覇を成し遂げる馬になってほしいという願いが込めらている、鹿毛のサラブレッド、それがサムシングです。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

 

10月下旬・サムシング(SOMETHING=イギリス語であるもの・何かという意味。)の引退式がデビュー地の京都競馬場で行われ、関係者が集まって行われました。

馬主の優貴くんが、「本日は、サムシングの引退式にお越しくださいましてありがとうございます。」と挨拶し、デビュー以来、長く活躍した、サムシングの活躍をねぎらっていました。

サムシングは同場の本馬場に入場し、出走レースのすべてを走ってやるなどとして、大きい脚で蹴っていました。

イギリス語であるもの・何かという意味の名前の通り、イギリス遠征にも成功し、制覇を成し遂げた、サムシングは、長い競争生活に終止符を打ち、ターフを去りました。

京都競馬場での引退式を終えて、栗東トレセンに戻った、サムシングも、明け6歳から、種牡馬となり、父・サムシングとして北海道・沙流郡・門別町(→日高町)・門別の、優貴くんが運営を手掛ける牧場で繋養生活を送るとの事で、長く在厩した厩舎を後に北海道へ第2の馬生に旅立ちました。

サムシング(SOMETHING)は、牡・6歳から門別の牧場で種牡馬となり、父・サムシング(SIR・SOMETHING)として、新種牡馬としての繋養生活を始めました。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SOMETHING「パカッ。」

SOMETHING{ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは、日高の空に、大きい雄たけびを鳴らしました。

種牡馬になってからのサムシングは、2~3頭の繁殖牝馬に種付けては、こなしていました。

サムシングが牡・7歳の時、サムシングの初年度産駒が日高各地の牧場で無事に生まれました。

中には、アメリカ・ケンタッキー州の繁殖牝馬牧場から種付けを依頼された、繁殖牝馬・1頭が含まれたようで、こちらも受胎して成功しました。

(サムシングと種付けした、繁殖牝馬は、翌年の3月に、繁殖牝馬の繋養先のアメリカ・ケンタッキー州の牧場で無事出産しました。)

サムシングも、日本繋養種牡馬として、牡・10歳まで門別の牧場で繋養生活を送りました。

優貴くんが運営する牧場の収入も、サムシングが種牡馬として活躍する様になってから、上昇するようになり、増収を記録したものの、支出が減益になりました。

牧草の種の購入が増加したのが原因で減益になっていました。

サムシングが、牡・8歳の時、サムシングの初年度産駒が、相次いで、中央・地方の競馬場でデビューするに至り、遂には初勝利馬も出たのです。

そして、サムシングのアメリカ・ケンタッキー州生産の初年度産駒が、アメリカ競馬にデビューして優勝、初勝利を挙げるまでになりました。

サムシングが、牡・10歳になった時、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイにある、レーヴェイングファームの、オーナーブリーダー・ジェイソン・アーヴィング氏から、日本産の鹿毛馬である、サムシングが素晴らしい産駒を輩出していることは承知しているが、当ファームでも種牡馬のほとんどが加齢により、安楽死の処置がとられたりしていて不足しており、是非・日本産馬のサムシングをレーヴェイングファームの繋養種牡馬として受け入れていただきたいという要請のオファーが、優貴くんの運営する牧場にありました。

優貴くんも6歳の時に新種牡馬として、所有してきた、サムシングをどうするか、考えていました。

奥さんと協議して、話し合った結果、今後の為に新種牡馬として繋養してきた、サムシング(SOMETHING)を手放すことにしました。

6歳の時に、新種牡馬として繋養してきた、サムシングが種牡馬としてとはいえ、アメリカ・ケンタッキー州・ミッドウエイのレーヴェイングファーム(オーナーブリーダー・ジェイソン・アーヴィング氏)にお譲りすることが決まりました。

いよいよ、門別の牧場とお別れするときが、来ました。

優貴「サムシング、手放すのは残念で、寂しいが、元気でね。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「カポ、カポ、カポ。」

イギリス語であるもの・何かという意味のサムシングは、新天地・アメリカ・ケンタッキー州の、レーヴェイングファームでの繋養生活を送る為、門別種馬場に移動し、ここで出国検疫検査を受けました。

12月・門別種馬場を後に、馬運車で移動したサムシングは、ストールに積み替えられて、2回目の墜落事故防止用のヘルメットを着けて、ストールごと、飛行機に積み込まれ、新千歳空港発の飛行機で新東京国際空港に移動し、その後の飛行機に積み替えて離陸、名残惜しい日本を後にしました。

(7へ。)

 

 

 

 

広告

サムシング SOMETHING(5 イギリス遠征)

牡・5歳(現在の馬齢では、4歳)になった、サムシングも、生まれて初めてのイギリス遠征となり、イギリス・ニューマーケットのモールトン・パドックスの調教場のJ・ジェラーソン厩舎に入厩した、サムシング。

あるもの・何かという意味のイギリス語が馬名の由来になっている、サムシング(SOMETHING)にとって、イギリス遠征は初体験のレースになりました。

優貴「おはよう、サムシング。」

SOMETHING「ブルルルルルルルル。」

優貴「サムシング、ぼくは、出発前の検疫検査の間、調教師さんと、本馬の今後の対応について、協議してきたんだ。」

SOMETHING「ヒヒヒヒ~ン。」

優貴「その結果・来年は、牡・6歳(現在の馬齢で、牡・5歳)と高齢になる事と、年度代表馬にも選出された事と、牧場も2~3月からの種牡馬としての繋養生活による種付けシーズンに入ることと、帰国後の検疫期間の都合もあるから、このレースをもって引退することが決まっただんだよ。」

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは、大きい鳴き声でいななきました。

日高山脈の大自然に抱かれて育てた、イギリス語であるもの・何かという意味である、鹿毛のサラブレッド・サムシング(SOMETHING)も、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークスをもって、引退することが決まったのです。

サムシングのラストランレースとなった、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス、ゼッケン番号が、3番に決まりました。

いよいよ、レース当日・アスコット競馬場に到着した、サムシング。

イギリス語であるもの・何かという意味の、サムシングもこのレースでラストランとなるとの事で、はたしてイギリス生産・調教の馬にサムシングが挑戦し優勝してラストランレースを制覇することが出来るのか、パドックに入り、周回します。

 

サムシングの主戦騎乗騎手も、前日までに、飛行機で渡英していて、アスコット競馬場に来ていました。

本馬場入場に入り、ナンバースリー・サムシングがコールされると、サムシングは声高くいななきました。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

サムシングは北海道・沙流郡・門別の大地が育てた、鹿毛の男馬ですが、このレースで引退が決まったとの事で、最後の戦いが始まります。

返し馬をしては、しっかり走った、鹿毛の馬・サムシング、いよいよラストランになるレースのスタート地点に立ちました。

キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークスには、フルゲート11頭の予定が、8番がレース前になり出走を回避していて、10番が競争除外になったので、2頭が減って9頭での競争に代わってのレースとなったとの事です。

アスコット競馬場の横断幕には、「SOMETHING WELCOM TO ENGLAND」(サムシング、ようこそイギリスへ。)が掲げられていました。

サラブレッドのサムシング(SOMETHING=イギリス語で、あるもの・何かという意味 牡・5歳)にとって現役競走馬としての、最後の出走になるレースで、初めてのイギリス遠征レースとなる、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークスの発走時刻がきて、ファンファーレが鳴り渡り、ゲートインを迎えました。

日本から招待遠征してきた、サムシングが3番ゲートに誘導を受け収まりました、果たして、サムシングは、イギリス語であるもの・何かという意味である馬名である通り、イギリス競馬で勝利をものにするのか、ゲートオープンを迎えるのです。

「ジリリリリリリン」

「END ROLL」

キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークスのスタートが切られて、サムシングもいいスタートを切り、先頭におどり出てレースを引っ張ります。

最終コーナーを回り直線コースで先頭を保ちながら、逃げ切り勝ちを狙います。

「SOMETHING、SOMETHING、JAPAN IS THOROUGUBREDHOSES」

「SOMETHING、SOMETHING。」

|SOMETHING、WIN!」

「ONE FINISH SOMETHING、JAPANIESHORSESWINNERS」

サムシングは、イギリス・アスコット競馬場でのレースを制覇し、ラストランでの有終の美を飾りました。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは、イギリス・アスコット競馬場の空に、大きく高い声でいななきました。

イギリス・アスコット競馬場でのキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークスの実況は現地の場内アナンサーの他、チャンネルフォーなど、イギリスのテレビ局などが中継した他、日本からは、関西馬で年度代表馬にも選出された、サムシングが代表馬として招待されて出走することから、NHK・フジテレビジョン・関西テレビ・ニッポン放送・ラジオ大阪・ラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)などの民間放送局などの報道機関が渡英していて取材に来ていました。

 

競馬専門紙も、RACING POSTの他、日本からは、競馬ブック(滋賀県・栗東市に本社を置く会社)がサムシングの取材の為、渡英していたようです。

優貴くんは、取材陣の質問に対し、「無理でも優勝させたかったが、それが逃げ切り勝ちで決めた。」と答えていました。

イギリス・アスコット競馬場でのレースで優勝した、サムシングは、ニューマーケット・モールトン・パドックスの、J・ジェラーソン厩舎に戻り、馬房に入りました。

優貴「おめでとう、サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

優貴「サムシング、イギリスに来て競馬に参戦して優勝できたね、サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

優貴「サムシング、大きくかわいい雄叫びでいななく馬ね、日本に戻っても元気に、休養していこうね、なあ、サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは、馬主の優貴くんに馬体を撫でてもらい、美しい鹿毛のサラブレッドの活躍をたたえていました。

サムシングは北海道・沙流郡・門別の牧草で育てた、かわいい鹿毛の男馬のサラブレッド、それが、サムシングです。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

(6へ。)

サムシング SOMETHING(4)

5月28日・東京競馬場での日本ダービー(東京優駿)に、ゼッケン番号・5番で二冠達成をかけて、出走した、サムシングは初めての右回りコースという事もあり、慣れないことも予想されましたが、美浦トレーニングセンターセンターに3回目の滞在競馬で右回りの調整ををおこなって、日本ダービーの本番を迎えたのです。

しかも、ダービートライアルの京都新聞杯を回避して、ぶっつけ本番で挑んだ、サムシングですから、惨敗するわけには行きません。

パドックで周回し、ジョッキーを騎乗させて、本馬場入場させて、返し馬に入らせながら、スタート地点まで歩めたのです。

いよいよ、スタート地点での、一斉によるゲートインを迎えますが、7番馬が、昨日病気を発症していたので出走取り消しがあり、7枠7番の馬券がらみがレース挙行後返還されるとの発表があったので、競馬ファン達も少々がっかりしたとの事です。

ファンファーレと共に、枠入りが始まり、サムシングも、5番ゲートにに誘導されてはいりました。

 

当然・1番人気に支持されたのですから、敗北は許されません。

スタートと共に、サムシング初の右回りコースでの日本ダービー(東京優駿)が始まり、2400m・芝コースでの争いにサムシングは走りだしていきました。

最後の直線でサムシングは、一気に先頭に立ち、2着馬を抑えて、ゴール板を通過したのです。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは、大きく声高いいななきで勝利をもぎ取ったのです。

ダービーは8番の馬が進路が狭くなったので審議となりましたが、審議対象馬は、3番・4番・9番の3頭が審議対象馬だったので、5番で出走したサムシングは審議対象馬からは除外されました。

ダービーを制覇し、栗東トレーニングセンターに戻ってきたサムシング、休養を取る為、日高町の門別地区となった、門別町の牧場に行って放牧休養することになり、春に戻って以来、調教してきた、栗東トレーニングセンターを後にしました。

北海道・沙流郡・日高町の一部となった、北海道・沙流郡・門別町の牧場に戻った、サムシングは、放牧場で歩めていました。

馬主をしている、優貴さんも、父が牧場を開設して運営していましたが、サムシングを産んだ、3日後に父が病気で他界したので、牧場の運営を優貴さん自身が任されることになったのです。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは大きいいななきで、日高山脈の空にないたのです。

SOMETHING「ウ~~~~~!」

SOMETHING「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

サムシングは、大きい💩(うんち)を落としていました。

SOMETHING「ブルルルルルルルル。」

サムシングは、大きい鼻息を鳴らし、鹿毛の馬体をカポ、カポ、カポと歩めていました。

秋・栗東トレーニングセンターに戻って、調教を再開したサムシングは、阪神競馬場で行われた、神戸新聞杯に出走し快勝した後、11月中旬に、京都競馬場で行われた、3大王冠競争の第3冠門に当たる、菊花賞という3000mの競争に挑戦し、2周目の直線コースをサムシングは先頭に立っていた、ライバル馬の1頭をかわして先頭に立ち、見事にゴール板を通過、3冠レースを制覇しました。

 

サムシングは、12月25日・実力日本一を決める、グランプリ・有馬記念にも、ゼッケン番号を1番に変えて出走、2周目で先頭に立ち、3・4馬身を引き離してゴール板を通過、優勝しました。

サムシングは、4歳での競争生活を終え、年度代表馬にも輝きました。

明けて、牡・5歳(現・4歳)になった、サムシング、イギリス・アスコット競馬場で行われる、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークスに、サムシングが日本代表として、招待出走されることが決まったとの事で、2か月前までに栗東トレーニングセンターで調整されていたサムシングは、出国検疫検査の後、馬運車に載せられ、千葉県・成田市の新東京国際空港に移動、ストール載せ替えられておりました、サムシングには墜落事故防止用のヘルメットを着用させた上で、ストールごと、飛行機に積み込まれていました。

サムシングは、夜発の飛行機で、イギリスへ渡航しました。

(5へ。)

 

サムシング SOMETHING(3)

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

大きい雄たけびでいなないた、サラブレッドのサムシングも牡・4歳(現在の馬齢では、牡・3歳)になり、北海道・沙流郡・門別町(日高町)の牧場を離れて、栗東トレーニングセンターに戻って調教を再開し、ようやく競争生活再開し始めました。

緒戦となった、弥生賞を制覇して、皐月賞にむけて駒を進めた、サムシングも、連日・美浦トレーニングセンターに滞在し、調整を進めていました。

優貴「サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

優貴「いよいよ、皐月賞の日を日曜日に控えているね。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

調教師「サムシングの馬主さん、よく来てくれましたね。」

優貴「調教師さん、サムシングの調子はどうですか。」

調教師「順調ですよ、サムシングは。」

調教師「ライバルの馬の調教も進んでいるが、サムシングは関西馬ですし、関東の味付けを施した調教は素晴らしい走りを見せてくれますよ。」

優貴「そうですか。」

朝日杯フューチュリティステークス・弥生賞に次いで3回目の中山競馬場。

 

優貴にとって、初のパドック(下見所)に顔を見せた。

鹿毛の馬・サムシングが周回していて、馬主さんでもある、優貴さんは、とまれの合図とともに、サムシングの馬体を見た。

サムシングがジョッキーを跨って、本馬場にむかった。

 

地下馬道を通って、本馬場入場に入るサムシングもゼッケン番号・5番をつけて、入場するのです。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

返し馬に入ったサムシングの走りも、素晴らしい走りを見せたのです。

SOMETHING「ブルッ、ブルッ、ブルッ、ブルッ。」

発走地点に来ると、サムシングらは、輪乗りを行っていました。

 

3歳の時に、走って以来、重賞競走も皐月賞が初めてになるが、中山競馬場は、過去2回・シュ出走している。

サムシングも、3回目の中山競馬出走となる。

SOMETHING「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

SOMETHING「ブルルルルルルルル。」

サムシングは大きい鼻息を鳴らした。

ファンファーレと同時に、皐月賞の各馬が一斉ゲートインが始まったのです。

サムシングも、5番ゲートに収まったのです。

ゲートオープンと同時に、サムシングも、走り出しました。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サムシングは直線コースに差し掛かり、走って見せるが、ライバル馬も追うように襲いかかって来た。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サムシング、先頭でゴール板を通過しました。え

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは。声高くいななきながら、勝利を喜んでいました。

優貴「サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

優貴「よく走った、サムシング、ダービーでも、勝利しようぜ。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

中山競馬場を後に、栗東トレーニングセンターに戻った。サムシングも飼葉を入れる桶が入っている桶に飼葉が置かれておりニンジンも牧草と一緒に入れていました。

SOMETHING「モグ。モグ、モグ。」

完食した、サムシングは、厩舎の外の柵が付けられいる馬場に行ったのです。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「プ~~!」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは、声高いいななきでにおいをかいでいました。

SOMETHING「ウ~~~~~~!」

SOMETHING「ボト、ボト、ボト、ボト、ホト、ボト。」

サムシングは、緑色の💩(うんち)を落としていました。S

SOMETHING「ムフ、ムフ、ムフ。」

サムシングは、大きいうんこの臭いを嗅いで、フレーメンしていました。

SOMETHING「ヒヒヒヒ~ン。」

サムシングは、遠い北海道の日高山脈の麓を想い出しながら、声高くいなないいていく、鹿毛のサラブレッド、それがサムシングです。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル、フ~。」

(4)へ。

 

 

 

 

 

SOMETHING サムシング(2)

あるもの 何かという意味の、サムシングも、2戦目の サラ系3歳上(現・2歳上)条件戦に出走して、2勝目を挙げるに至り、遂に、初の特別競走に出走するとの事で、栗東トレーニングセンターにて調教をされていました。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サムシングが所属する、日本中央競馬会・栗東トレーニングセンターには、コースごとに、スターティングゲートが置かれており、ゲート試験などに使用されているとの事です。

競走馬の為の調教を受けたサラブレッドは、最後ゲート試験を受けてから、レースに出走させますが、3歳・4歳(現・2歳・3歳)のサラブレッド達は、ゲート練習を行って、ゲート試験を受けるとの事です。

昨年・入厩し、ゲート試験をを受けて競走馬デビューを果たした、サムシングも、3歳上400万円~1000万円以下の条件戦などを無敗で勝利しており、いよいよ朝日杯3歳ステークスに挑む為初の滞在競馬をするので、中山競馬場に乗り込みます、その為サムシングは、茨城県の美浦トレーニングセンターに移動します。
(日本中央競馬会・美浦トレーニングセンターは、現在・2か所ある、日本中央競馬会のトレーニングセンターの1つで、1978年(昭和53年)に、関東馬の調教施設として、茨城県に開設された調教施設で、東京・中山の2か所の競馬場から厩舎・調教師・厩務員などの人が移転しており、スーパーマーケット・銀行の出張所が設置されており、警備体制も十分ととの得られております。)

美浦トレセンの出張厩舎には、サムシングが入厩しておりました。

サムシングにとって、初めての中山競馬ですから、ここで生活を身に着けるのです。

中京・京都・阪神・小倉の、4つの競馬場では、関西馬は当日輸送、中山・東京・福島・新潟・函館・札幌の、6つの競馬場の場合は、関東馬は当日輸送されますが、関西馬・関東馬が関東・関西の競馬場のレースに出走する場合は、3か前までに入厩を義務付けることが求められます。

朝日杯3歳ステークス(→朝日杯フューチュリティステークス)の日の中山競馬場(千葉県船橋市・市川市)も、スタンドには、大勢の競馬ファンでつめかけていました。

パドック(下見所)にも、サムシングなどの3歳馬たちが周回し、本馬場に入場しておりました。

サムシングの馬主さんも、この日の為に中山競馬場に来ていて、鹿毛の馬(サムシング)を見ていました。

サムシングが、本馬場に入場し、返し馬に入り、鋭い脚を使って走っていました。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

発走時間になり、サムシングら出走馬たちは、スターティングゲートのある場所にいました。

SOMETHING「ムフ、ムフ、ムフ。」

SOMETHING「ウ~~~~!」

SOMETHING「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

サムシングは、大きい緑色の💩(うんこ)を落として体を整えていました。

ファンファーレと共に、ゲートへ誘導を受けました。

サムシングもゼッケン番号・5番をつけて、5番ゲートに入り、収まって行きました。

ゲートオープンと共に、サムシングも走り出しました。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

直線コースの正面スタンド前に立ったサムシングを、優貴は見て、応援していました。

優貴「サムシング、先頭に立て。」

サムシングは、一気に対抗馬をかわして、先頭に立ちました。

サムシング、遂に先頭に立ち、ゴール板を通過しました。

サムシングは、2着に3馬身差をつけて、1着のゴール板を駆け抜けたのです。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「カポ、カポ、カポ、カポ。」

SOMETING 「ヒヒ~ン。」

優貴「おめでとう、サムシング、よくやった。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは、声高い雄たけびでいなないた。

サムシングは、口取り式を終えた後。検査施設に移動して尿の検査を受けた。

サムシングは大きい尿を出しては、検査筒に入れていました。

サムシングは、3歳での競争生活を終えたのです。

サムシングは、栗東トレーニングセンターの厩舎に戻った後、放牧休養に出される為、北海道の門別町(日高町)の牧場にむかった。

優貴「サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

優貴「よく走っていて、素晴らしい成績を収めた、さすが、サムシング、4歳になる今年も、しっかり走ろう、なあ、サムシング。」

SOMETIHG「ヒヒ~ン。」

サムシングは、大きい声でいななきました。

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サムシングは、雄大な日高山脈の大地を蹴って走っていました。

サムシングも、4歳の春には、再度・栗東トレーニングセンターに戻って調教を再開するとの事です。

(3へ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOMETHING サムシング

1988年 4月・北海道・門別町(現・日高町の一部)の牧場で、1頭の仔馬が生まれた。

かわいくて逞しい鹿毛の馬に成長した、1頭のサラブレッドは、競走馬として、デビューすることになった。

1990年・2歳(旧馬齢で、3歳)の牡馬になった仔馬は、栗東トレセンの厩舎に預けられたのです。

 

優貴君の所有の仔馬も、競争名をつけなければならないのでいい名前をと考えていました。

優貴君は、この馬の名をSOMETHING(サムシング・2009年5月13日に安平町で生まれた馬にも、同名の名前のサラブレッド(こちらは、薪浦 亨氏の所有馬となっている・但し、5戦0勝(中央・地方の成績であり、既に登録を抹消されている。)があるが。それとは、無関係。)と名をつけることにしたのです。

サムシングとは、イギリス語で何か、あるものという意味で、何かレースがある時に出走して制覇してほしいという願いを込めて名前を付けたのです。

「サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

優貴「サムシング、頑張って勝利しよう。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングのデビューの日を迎えた時、京都競馬場もスタンドには、大勢の競馬ファンが来場されレースのゲートオープンを待っていたのです。スターティングゲートのレリーズスイッチも、電気+空気に代わっていました。

昭和30年代まではバリアー式ゲートが使用されていましたが、その後、ウッド式発馬機・ニューS型発馬機をへて、昭和50年代頃から、電気+エアーのレリーズスイッチを使用した発馬機(スターティングゲート)が.日本全国各地の中央競馬会の競馬場で使用され、現在にいたっています。

SOMETHING「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サムシングが直線コースで先頭に立ってきました。

 

1着でサムシングがゴール板を通過し、初勝利を挙げました。

SOMETHING「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

サムシングは大きい雄たけびでいななきました。

「サムシング、おめでとう、よく走った。」

SOMETHING「ヒヒ~~~~ン。」

サムシングは、勝利の凱歌を上げました。

検査施設に入ったサムシングは、大きい尿を出していました

SOMETHING「バシャ~~~~ジャ~~~!」

サムシングは、大きくて気持ちいいおしっこを検査筒に入れていました。

月曜日・サムシングは厩舎の中にいました。

 

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは、遠い北海道の空を想いだしながら、大きく声高くいななく鹿毛の馬です。

優貴「サムシング。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

優貴「サムシング、次も連勝必須だから、元気で制覇してほしい。」

SOMETHING「ヒヒ~ン。」

サムシングは大きいいななきで、次のレースにむけて養っていました。

(2へ。)

 

 

 

 

 

Stargirht Girl ストレイトガール The National Studナショナルスタッドで、牝・8歳の誕生日を迎える。

The Nationalstud

2017年3月12日(日本時間・3月13日) FUJIKISEKIの産駒の1頭で、NEVERPILIODを母に持つ、Staright Girl=ストレイトガール(イギリス語でまっすぐな少女という意味・血統名 ネヴァーピリオドの2009)の、牝・8歳の誕生日を、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、The National Stud=ナショナルスタッドで迎えました。

Staright Girl「ヒヒ~ン。」

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

ストレイトガールは大きく高い鳴き声でいななきました。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールは、2009年3月12日生まれの牝・8歳の鹿毛のサラブレッドで、岡本牧場(北海道・浦河郡・浦河町)の生産の女の子の馬です。

ストレイトガールは、現役時代・栗東 藤原 英昭厩舎に所属し、31戦11勝を挙げた牝馬のサラブレッドで、廣崎 玲子氏(→廣崎 利洋氏→廣崎 利洋HD(株)と3回・馬主名義を変更されている、)の所有馬として、中央競馬で活躍しており、香港競馬にも2回遠征(3着・1回 9着・1回)した実績もある、鹿毛のサラブレッドでしたが、2016年5月15日・東京競馬場で行われた、第11回ヴィクトリアマイル(G1)・1着を最後に、同年8月30日・現役引退、10月30日・東京競馬場で行われた引退式では、ゼッケン番号・13番で、ラストランを行って競馬ファンに別れを告げていきました。

かわいい鹿毛の女の子の馬・ストレイㇳガールは、2016年11月13日付で競走馬登録を抹消されました。

ストレイトガールは、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、The National Stud(ナショナルスタッド)で、繫殖牝馬として繋養生活を送ることになり、11月30日まで、千葉県・香取市の、下河辺牧場・千葉分場にて、出国検疫検査を受けました。

2016年12月1日・検疫検査先の、下河辺牧場・千葉分場を後に、ストレイトガールは馬運車で、同じ千葉県・成田市の新東京国際空港に移動し、ここでストールに積み替えられた、ストレイトガールはストールごと、飛行機に積み込まれました。

ストレイトガールは、名残惜しい日本を後に、繋養地・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、The National Stud(ナショナルスタッド)にむけて渡航して行きました。

2016年12月2日(日本時間・12月3日)・ストレイトガールは、長い道のりを走って、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、The National Stud(ナショナルスタッド)に到着し、繫殖厩舎に到着、ここで、着地検疫を受けた後、繁殖厩舎に入厩し、疲れを癒した後、繋養生活を開始し、スタッドインしました。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

Staright Girl「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Staright Girl「パカッ。」

Staright Girl「ブルルルルルルルル。」

Staright Girl「ヒヒ~ン。」

2017年3月・イギリス・サフォーク州・ニューマーケッㇳ近郊 ナショナルスタッド。

Staright Girl「ヒヒ~ン。」

ストレイトガールは、大きくかわいいいななきでさけぶ、女の子のサラブレッドです。

Staright Girl「ニョロ、ニョロ。」

Staright Girl「バシャ~~~~、ジャ~~~!」

ストレイトガールは、大きい緑色のおしっこ(尿)を出していました。

ストレイトガールは、きもちいいおしっこを出す、Thoroughbredです。

Staright Girl「ムフ、ムフ、ムフ。」

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

2017年3月12日(日本時間・3月13日)。

サラブレッドのストレイトガールの、8回目のバースデーが行われ、ナショナルスタッドのスタッフの人が、牝・8歳になった、ストレイトガールの誕生日を祝いました。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、かわいいいななきでよろこぶ馬になりました。

かわいくて、高い声でいななく、サラブレッドのストレイトガールは、いよいよ、初年度の配合種牡馬・世界最強馬 フランケルとの種付け交配を控えており、繁殖牝馬としての第1歩を示していくサラブレッドです。

2017年から繫殖牝馬として、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊のナショナルスタッドで繋養生活を開始した、サラブレッドのストレイトガールは、2018年に初年度産駒が生まれる予定で、2019年には、外国産馬の逆輸入馬として日本に輸入され、2020年には、競走馬として、日本の中央競馬でデビューすることになっている他、アメリカ3冠馬・アメリカンファラオとの種付け交配に挑むため、アメリカ合衆国にに渡航して、繋養生活を送るプラン(アメリカ合衆国での、繋養先は未定。)もあり、サラブレッドのストレイトガールは、繁殖牝馬としての1歩を示したとはいえ、無事にストレイトガールを母に持つ、ストレイトガールⅡ世の、出産・輩出を期待したいと想い、願っております。

 

牝・8歳のお誕生日おめでとう、ストレイトガール、繫殖牝馬として、いい仔馬を産んで行ってね、どうぞ、お幸せに!