Skip to content

Staright Girl=ストレイトガール(イギリス語でまっすぐな少女という意味。)出国検疫検査を完了、飛行機で繋養地・イギリス(ナショナルスタッド)へむけて出国、二度と戻ることにない日本を後にする。

thb6isz6sy-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc(遂に、出国検S疫検査を終えて、千葉県・香取市にある、下河辺牧場・千葉分場を後に、新東京国際空港(同・成田市)に移動し、同空港発の飛行機でイギリスへ出国し、渡航した、ストレイトガール(Staright Girl))

イギリス語でまっすぐな少女という意味である、鹿毛の女の子の馬で、2016年5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルで、1分31秒15のレコードタイムで優勝、連覇たを達成すると共に、11勝目を挙げたのを最後に現役を引退、10月30日・同場で行われた、引退式を行った後、11月13日付で競走馬登録を抹消されて引退、競走馬生活に終止符を打った、Starght Girl=ストレイトガール(血統名・ネヴァーピリオドの2009・牝・7歳)が、千葉県・香取市にある、下河辺牧場・千葉分場で行われた、出国検疫検査を11月30日で終了し、完了しました。

Staright Girl「ブルルルルルルルル。」

Staright Girl「ヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、大きい鼻声でいなないていました。

 

ストレイトガールは、北海道・浦河郡・浦河町の、岡本牧場で生まれた。かわいい鹿毛の女の子の馬です。

Staright Girl「ブルルルルルルルル。」

ストレイトガールは、大きい鼻息で鳴らしていました。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールは、鬣も大きく伸びた、美しいきれいな鹿毛の馬、それがストレイトガールです。

2016年11月13日付で登録を抹消されるまで、栗東・藤原 英昭厩舎に預けられ、所属した。ストレイトガールは、29戦11勝の成績を残した女の子の馬です。

ストレイトガールは、2014・2015年の、2回・香港スプリでント(3着・1回 9着・1回の、計・2戦0勝の成績を残しました。)に出走する為、香港・シャーティン(沙田)競馬場に遠征したこともある、鹿毛の牝馬のサラブレッドで、スブリンターズステークス・ヴィクトリアマイルのG1・3勝の成績を残しました。

父・FUJIKISEKI 母・ネヴァーピリオドの仔として、雄大の北海道・浦河郡・浦河町の、牧草で育まれた、かわいい牝馬のサラブレッド、それが、ストレイトガールです。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

産地馬体検査を受検と同時に、預託契約をかわした、栗東・藤原 英昭厩舎を退厩とと同時に、東京競馬場で行われた、引退式に、ゼッケン番号・13番(2016年5月15日に行われた、第11回・ヴィクトリアマイル・第11代・優勝馬として出走させた時の番号。)で、登場させた、ストレイトガールは、多くの競馬ファンから別れの走りを見せてやりました。

口取り式及び、記念撮影を行って、無事に終了した、ネヴァーピリオドの2009(競争名・ストレイトガール)の引退式、多くの競馬ファンから涙を浮かべながら、ターフを去る、ストレイトガールの、美しい鹿毛の馬体を歩めながら尻尾を振ってやった姿が、印象的でした。

美しくきれいな鹿毛の馬・サラブレッドのストレイトガールは、その後、馬運車で、千葉県・香取市の、下河辺牧場・千葉分場に移動し、11月30日まで休養を兼ねて、出国検疫検査を受けました。

サラブレッドのストレイトガール(Staright Girl=イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は来年から、繫殖牝馬として新生活を送ることになっており、当初は、千葉県・香取市の下河辺牧場・千葉分場にて繋養生活を送ることになっていましたが、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ナショナルスタッド(THE・Nashonal Stud)から、イギリス語でまっすぐな少女という意味である、ストレイトガール(Staright Girl)を新繁殖牝馬として繋養生活を送ってほしいという要請のオファーが寄せられたので、結局・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ナショナルスタッドにて繁殖牝馬として繋養生活を送ることに決まりました。

ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は、その為、11月30日までの、出国検疫検査期間に入り、11月30日で同検査を終了しました、いずれも、下河辺牧場・千葉分場で行われました。

12月。ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は、最後の朝をむかえ、餌をはんでいた他、水も飲んでいました。

Staright Girl「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Staright Girl「バシャ~、ジャ~~~~~!」

ストレイトガール(Starght Girl=イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は、気持ちよく緑色のおしっこを出してやりました。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は、北海道・浦河郡・浦河町の牧草を想い出しながら、大きい叫びでいなないてやりました。

ストレイトガールは、北海道・浦河郡・浦河町の牧草を想い出しながら、大きい鼻声でいななく、かわいい鹿毛の女の子の馬です。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。

ストレイトガールは、大きい鼻声でいななく馬です。

Staight Girl「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル、フ~!」

 

いよいよ、イギリス語で、まっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(血統名・ネヴァーピリオドの2009 牝・7歳・毛色・鹿毛)が、繋養地・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊 ナショナルスタッドへ旅立つ時が来ました。

下河辺牧場・千葉分場には馬運車が到着し、これから、イギリスで繁殖牝馬として繋養生活に出発していく、ストレイトガールが載せられました。

ストレイトガールは日本を離れて、イギリスへ渡航する為か、目から涙を流していました。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

ストレイトガールは、浦河の空を想い出しながら、涙出るように大きい鼻声でいなないてやりました。

イギリス語で、まっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(Staight Girl)は、馬運車で下河辺牧場・千葉分場(千葉県・香取市)を後に、同じ、千葉県・成田市にある、新東京国際空港に移動しました。

新東京国際空港に到着した、サラブレッドのストレイトガール(イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は、馬運車を降り、ストールに乗りました。

サラブレッドのストレイトガール(イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)は、ストールごと飛行機に積み込まれ、新東京国際空港発の飛行機で、繋地・イギリス(サフォーク州・ニューマーケット近郊・ナショナルスタッド(The Nashonal Stud) )にむけて同空港を離陸、名残惜しい、日本(北海道・浦河郡・浦河町及び、栗東トレーニングセンター)を後に、長い渡航の旅に就いて行きました。

31戦11勝(内・海外2戦0勝)の成績を挙げており、獲得した賞金は、合計総額で、5億7036万9900円に及び、2016年11月13日付で、競走馬登録を抹消されて引退し、長い競争生活に終止符を打った、サラブレッドのストレイトガール(イギリス語で、まっすぐな少女という意味・牝・7歳・毛色・鹿毛・血統名 ネヴァーピリオドの2009)は、現在・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ナショナルスタッド(Nashonal Stud)へ渡航中で、近日には、同スタッドに到着し、着地検疫検査を受けた後、牝・8歳になる、2017年から、同スタッドで新繁殖牝馬として繋養生活を開始する予定になっており、初年度配合種牡馬は、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)になりそうで、2018年には初年度産駒が生まれる予定になっており、その後、アメリカ3冠馬・アメリカンファラオとの種付け交配に挑むため、アメリカへ渡航して種付けるプラン(アメリカでの繋養先は未定。)も浮上していて、ストレイトガール(イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)の仔は、全て日本に外国産馬の逆輸入馬として戻し、中央競馬でデビューさせるとの事であり、2020年には、ストレイトガールの初年度産駒・ストレイトガール2018が、競走馬としてデビューする予定にしており、ストレイトガール2世の競走馬デビューが期待されているようです。

31戦11勝の成績を残した、イギリス語で、まっすぐな少女という意味の、ストレイトガールの、繋養地・イギリスでの繁殖牝馬としての新生活を期待したいと想い、願っております。

 

長い競走馬生活、お疲れ様でした。

来年から、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ナショナルスタッド(The Nashonal Stud)で、繁殖牝馬として、いい産駒を産んで行ってね。

どうかお幸せに、ストレイトガール。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル、フ~!」

Link The National Stud

http://www.nationalstud.co.uk/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/

ストレイトガール(STARIGHT GIRL= イギリス語でまっすぐな少女という意味)・遂に競争生活を終えて、引退、来年から、イギリスで繫殖牝馬として新生活を送る。

 

 

 

thv7ecdu6g(2016年5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルを、1分31秒15のレコードタイムで優勝し、連覇を達成したストレイトガール それは。ストレイトガールが制覇した最後のラストランレースとなりました。)

2009年3月12日・北海道・浦河郡・浦河町の、岡本牧場で生産された、FUJIKISEKIの産駒の1頭で、ネヴァーピリオドを母に持つ、鹿毛の女の子の馬・ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)が、8月31日・現役引退を発表しました。

牝・7歳の鹿毛の馬、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、生産者の岡本牧場に関係の深い、伊藤雄二氏(元調教師・すでに定年退職により、伊藤雄二きゅう舎は解散した。)が仲介役となり、廣崎玲子氏(→廣崎 利洋氏→廣崎 利洋HD(株))が馬主となり、栗東・藤原英昭調教師の管理する厩舎に預けられ、2011年8月21日・メイクデビュー・札幌(札幌競馬場)で競走馬デビュー、レース2戦目の2011年8月27日・同じく、札幌競馬場で行われた、サラ系2歳未勝利戦で1着となり、初勝利を挙げました。

以後・3歳上500万円以下(函館競馬場・2012年6月17日・2013年6月23日)・函館スポニチ賞(函館競馬場・2013年7月13日)・函館日刊スポーツ杯(函館競馬場・2013年7月20日)・Uhb賞(函館競馬場・2013年8月11日)・尾張ステークス(中京競馬場・2013年12月26日)・シルクロードステークス(京都競馬場・2014年2月2日)・スプリンターズステークス(中山競馬場・2014年・10月4日)・ヴィクトリアマイル(東京競馬場・2015年5月17日・2016年5月15日)などで優勝するなど、牝・7歳まで競走馬生活を送り、獲得した賞金は、5億7036万9900円に及びました。

通算成績も、国内・29戦11勝 海外・2戦0勝の、計・31戦11勝に及びました。

ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、、今年の5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルで、2着のミッキークイン・3着のショウナンパンドラを抑えて、1分31秒15のレコードタイムで優勝、連覇を果たしたのが最後のレースとなりました。

ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)の今後の対応について、馬主の廣崎利洋HD(株)、生産者の岡本牧場(北海道・浦河郡・浦河町)、管理厩舎の藤原 英昭調教師(栗東)と協議した結果、来年は、牝・8歳の鹿毛の馬になる事と、同年3月から4月にかけて、繁殖牝馬として繋養生活を送るシーズンに入る事、2015年の末に、2016年も現役を続行させて、ヴィクトリアマイルで連覇を果たしたことから、これ以上の現役続行は困難なことから、5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイル・V(連覇達成)をラストランに現役を引退することが決まりました。

引退式は、2016年10月30日・天皇賞(秋)の日の最終レース後に、東京競馬場で行われることが決まりました。

2016年10月30日(日曜日)・東京競馬場。

29戦11勝(海外・2戦0勝)の、計・31戦11勝の成績を残した、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)の引退式が、最終レースの後に、行われ、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、誘導馬・2頭に誘導されて、東京競馬場の芝コースの馬場に姿を現しました。

ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)は、2016年5月15日・同競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルで、1分31秒15のレコードタイムで優勝、連覇を成し遂げた時の、ゼッケン番号・13番で登場、多くの競馬ファンに見守られながら、最後の走りを見せました。

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

STARIGHT GIRL「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ストレイトガールは、大きい蹄を鳴らしながら、東京競馬場の芝の馬場を走っていました。

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

ストレイトガールは、大きい鼻声でいななきました。

ストレイトガールは、鋭い脚でカポ、カポ、カポと歩めていました。

主戦騎手も、宮崎北斗・川田将雅・浜中俊・武幸四郎・岩田康誠・三浦皇成・田中勝春・吉田隼人・戸崎圭太と、9回乗り替わりました。

 

北海道・日高山脈の麓の浦河町の牧草が育む馬の1頭で、G1・3勝を挙げた、鹿毛の牝馬の馬、ストレイトガールの引退式は、最後・口どり式による記念撮影を終えて、無事に終了、競走馬生活お疲れ様、どうぞお幸せに、という競馬ファンに見送られながら、ストレイトガールは、ターフを去りました。

ヴィクトリアマイルで、連覇を達成するなど、31戦11勝の成績を残した、ストレイトガールは、11月13日付で競走馬登録を抹消、長い競走馬生活に終止符を打ち、引退しました。

現在・ストレイトガールは、千葉県・香取市の下河辺牧場・千葉分場で、出国検疫検査を行っていて、繫殖牝馬として繋養生活を送るための準備を整えています、繋養先は、当初・千葉県・香取市の下河辺牧場・千葉分場で送る事にしていましたが、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドから、イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールを、同スタッドの新繁殖繋養牝馬として送ってほしいという要請のオファーがあったことから、結局・ザ・ナショナルスタッドで、新繋養生活を送ることが決まりました。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールは、12月には、馬運車で、下河辺牧場・千葉分場(香取市)を後に、新東京国際空港(成田市)に移動、ストールに載せられた後、ストールごと飛行機に積み込まれ、同空港発の飛行機で、繋養地・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊・ザ・ナショナルスタッドにむけて出発と同時に、長く住んでいた日本を後に渡航するとの事です。

初年度の産駒の配合種牡馬は、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)になる予定で、2018年の春には出産する予定で、2020年には競走馬としてデビューする予定になっているとの事です。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールが、海のむこうのイギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊、ザ・ナショナルスタッドで、2017年から、繁殖牝馬として新繋養生活を送る様で、母・ストレイトガールとしての新生活を期待したいと想い、願っております。

 

競走馬生活、お疲れさまでした、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語で、まっすぐな少女という意味)。

繫殖牝馬として、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊 ザ・ナショナルスタッドで新生活を送る様で、いい仔馬を産んでいってね。

 

ありがとう、ストレイトガール。

さようなら、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語で、まっすぐな少女という意味。)、どうぞ、お幸せに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VODKA ウオッカ 2016

22・放牧地に戻り、放牧する、ウオッカ〈2010年4月から、アイルランド・キルディア・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド ギルタウンで、繁殖牝馬生活を送っている、女傑・ウオッカ)

タニノギムレットと、既に亡くなった、タニノシスターの仔で、2010年から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド ギルタウンで、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ。

今年で牝・12歳になった、すっぴんでかわいい鹿毛の馬です。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル、フ~!」

ウオッカは、遠い、北海道・日高山脈の自然に育まれた、鹿毛の女の子の馬です。

ウオッカは、現役時代・26戦10勝の成績を残した、鹿毛のサラブレッドで、2008・2009年の年度代表馬に2回選出された他、2007年には特別賞にも選定されいて、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした、すっぴんでかわいい鹿毛の馬であり、2010年の3月16日には、繫殖牝馬として、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド ギルタウンにやって来ました。

2016年5月21日に京都競馬場で行われた、サラ系3歳未勝利戦で、凱旋門賞馬・シーザースターズとの間に、イギリス・ジュモントファームで谷水雄三氏の名義で生産された、3番仔・タニノアーバンシーが1着となり、女傑・ウオッカ産駒の初勝利馬になりました。

現在・来年の春の出産を控えて、女傑・ウオッカは、世界最強馬・フランケルとの間に種付け交配を行い、受胎して成功した産駒をお腹の中に抱えながら、マタニティライフを送っていますが、2015年に、無事・出産した、VODKA2015(通称・ウオンケル君)が、競走馬としての訓練を受ける為、アガ・カーン・スタッド ギルタウンを後に、イギリス・ニューマーケットでの出国検疫検査を受けるとの事で旅立っていきました、その後、オランダ・アムステルダムのスキポール空港経由で、外国産馬の逆輸入馬として、飛行機で日本に渡航され、成田空港(新東京国際空港)に降り立った後、馬運車で動物検疫検査所(神奈川県・横浜市・中区)に移動し着地検査を受けた後、北海道・浦河町の吉澤ステーブルへ移動し、競走馬訓練を受けるとの事です。

VODKA2015(ウオンケル君)は、2017年には競走馬として、栗東・角居勝彦厩舎所属でデビューする予定になっており、どんなな名前になるのか、楽しみです。

アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド ギルタウンには、現在・VODKA2016(父・インビンシブルスピリット)が、今年の3月5日(日本時間・3月6日)に生まれたとの事で、幼年生活を送っていますが、来年の秋には、イギリス・ニューマーケットにて出国検疫検査を受けた後、オランダ・アムステルダムのスキポール空港発の飛行機で、日本へ外国産馬の逆輸入馬として渡航される予定になっており、2018年には競走馬デビューする予定との事です。

女傑・ウオッカの最新鋭産駒・VODKA2016は、大きく成長して競走馬になるための訓練を受けるのか、期待したいと想い、願っております。

すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカも、現在・牝12歳となっていて、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)との間に宿った産駒が、牝13歳になる来年の出産を控えてマタニティライフを送っており、春にはお産のシーズンに入りそうで、その為、同・シャーリーマウントに移動して冬を過ごすことになりそうであり、女傑・ウオッカの第6仔が来年の春に、無事・出産する予定にもなっているので、期待したいと想い、願っております。

 

 

 

 

 

 

HAT TRICK=ハットトリックが、GAINESWAY FARMに来て、5年。

thz11g3z7i(2016年11月18日で、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に来て、5周年を迎える、HAT TRICK(ハットトリック=1試合で1選手が3得点以上を挙げること・英=サッカー用語) 父・サンデーサイレンスの後継産駒の1頭。)

HAT TRICK GAINESWAY FARM STALLIONS

サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔で、2008年~2009年の種牡馬シーズンから、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクで、繋養生活を送っている、マイラーチャンピオンホースで、2011年11月18日(日本時間・11月19日) 牡・10歳の時に、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に来た、ハットトリック。

1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味に由来する、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭です。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

ハットトリックは、2001年4月26日生まれ、北海道・追分町(現・安平町)の追分ファーム生産の、美しい青鹿毛の馬、それが、HAT TRICK(ハットトリック)です。

HAT TRICK(ハットトリック)は、現役時代・(有)キャロットファームの所有馬として、美浦・清水 美波(しみず・よしなみ) 栗東・角居勝彦(すみい・かつひこ)両厩舎所属の競走馬として、中央競馬で、21戦8勝の成績を残した、短距離馬で、2005年の最優秀短距離馬に選出された、青鹿毛の男馬でしたが、2007年5月8日・牡・6歳の時に海外の牧場から、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来するシャトル種牡馬として送れるよう、種牡馬としてスタッドインしてほしいという要請のオファーで惜しくも現役を引退、5月10日付で競走馬登録を抹消、競走馬生活に終止符を打ちました。

2007年5月10日の午後・出国検疫検査を受ける為、HAT TRICK(ハットトリック)は、馬運車で、栗東トレーニングセンターを出発し、宮城県・亘理郡山元町にある、山元トレーニングセンター(すでに閉鎖)にて、5月26日まで、出国検疫検査を受けました。

2007年5月27日・マイラーチャンピオンホース HAT TRICK(ハットトリック)は、出国検査先の山元トレーニングセンターを馬運車に乗せて空港へむかい、ここで、所有者の(有)キャロットファームの会員組織・キャロットクラブの関係者に見送られて、ストールに積まれ、ストールごと飛行機に積み込まれました。

HAT TRICK(ハットトリック)を載せた、飛行機は、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクでの種牡馬生活にむけて空港を離陸すると共に出発、名残惜しく、HAT TRICK(ハットトリック)が生まれ育ち、競争生活を送った、日本を後にしました。

サンデーサイレンスの後継産駒の1頭で、トリッキーコードの仔として生まれた、マイラーチャンピオンホース・HAT TRICK(ハットトリック)は、2007年6月・繋養地のアメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにほど近い、ブルーグラス空港に到着し、ストールごと飛行機からおろされていきました。

馬運車にて、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン・近郊・パリスパイクにある、WALMAC  FARM LLC(ウォルマックファーム)へ輸送され、同ファームに到着した、HAT TRICK(ハットトリック)は、馬運車を降り、種牡馬厩舎に入り、着地検査を受けた後、2008~2009年の種牡馬シーズンから、HAT TRICK(ハットトリック)は、ウォルマックファームを拠点として、4年間・繋養生活を送り、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ、アルゼンチン・エルマリン牧場などへも、シャトル種牡馬として繋養されました。

HAT TRICK(ハットトリック)を新種牡馬として導入した当時・WALMAC  FARM LLC(ウォルマックファーム)には、SUNDAY BREAK(サンデーブレイク・日曜日の休息=英・父 フォーティーナイナー 母 キャットクイル 2006~2009年まで繋養・2010年にフランス共和国へ輸出。)などが繋養されており、たくさんの仔を輩出しておりました。

サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔で、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭・ハットトリックは、そんな中・15000ドルで繋養生活を開始し、4年間・WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点として、新種牡馬として送っていました。

2011年・牡・10歳になった、HAT TRICK(ハットトリック)は、種付け料が6000ドルに落ち込むなど、WALMAC FARM LLCでは大きな悩みを抱えている一方で、初年度産駒のダビルシムなどが、フランス共和国の重賞レース・ジャック・ル・ラガールデール賞などで優勝するなど、2歳の初年度産駒たちが活躍していて、ケンタッキー州で最も多く種付ける馬の1頭になったことです、それを聞きつけた、お隣のGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)が、HAT TRICK(ハットトリック)を、2012年~2013年の新繋養馬として送ってほしいと、購入のオファーを、ウォルマックファームに申し入れたことから、WALMAC  FARM LLC(ウォルマックファーム)は、2008年のスタッドイン以来、4年間・ここを拠点として、シャトル種牡馬として送ってきた、HAT TRICK(ハットトリック)をお隣のGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に売却したのです。

2011年11月18日(日本時間・11月19日)・2008年の新種牡馬としてスタッドインして以来、長く、シャトル種牡馬としての期間も含めて、4年間・繋養生活を送ってきた、マイラーチャンピオンホース・HAT TRICK(ハットトリック)がWALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)とお別れする時が来ました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄たけびでいななきました。

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の大きな馬です。

馬運車に乗せられた、ハットトリックは、2008年の供用開始以来、4年間繋養生活を送って来た、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後に、お隣のGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に移動していきました。

あれから、5年を迎えます。

今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・15歳になった、HAT TRICK(ハットトリック)。

アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクのGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)には、2012年の種牡馬シーズンから繋養生活を送っている、ハットトリックも、すっかり、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)での繋養生活にも慣れていて、多くの繁殖牝馬に種付けを行い、輩出している馬です。

GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)の放牧場にいる、HAT TRICK(ハットトリック)は大きい牧草で走っては尻尾を挙げています。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きく声高いいななきでいなないてやりました。

ハットトリックは、遠い日本の北海道を想い出しては、声高くいなないていました、ケンタッキー州の大地の空に嘶いては、元・競走馬としての活躍を想い出していました。

2016年~2017年の種牡馬シーズンをGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で過ごしている、HAT TRICK(ハットトリック)。

牡・16歳の来年も種牡馬として、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

HAT TRICK IN GAINESWAY FARM 2016

 

HAT TRICK Gainesway Farm 2014・3

HAT TRICK Gainesway Farm 2014・3

 

Link  GAINESWAY FARM Hat-Trick

 

http://www.gainesway.com/stallons/hat-trick/

2016年4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・15歳の誕生日を迎えた、HAT TRICK(ハットトリック)。

2012年~2013年の種牡馬シーズンから、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で繋養生活を送っている、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味に由来する、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔で、サンデーサイレンスの後継産駒の、青鹿毛の馬です。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)産のハットトリックは、現役時代、中央競馬で21戦8勝の成績を残しており、マイルチャンピオンシップ・香港マイルなど、短距離馬として活躍、2005年の最優秀短距離馬にも選定されるなどとして活躍した、競走馬として活躍し、2007年に種牡馬として、アメリカ合衆国に輸入され、2011年・牡10歳の時に、GAINESWAY FARMにやって来ました。

それまでに、HOW GREAT(ハウグレート)など、多くの産駒を輩出しました。

中には、HAT PLAY(ハットプレイ)みたいに、日本の中央競馬で現役で活躍している馬もいます。

今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・15歳の誕生日を迎えた、HAT TRICK(ハットトリック)、牡・16歳の来年も、種牡馬としてさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

 

繁殖牝馬・ジェンティルドンナ 初の産駒を出産、そして、顕彰馬に選出。

yynahpk28a3e-r

(遂に、待望の、初年度産駒・ジェンティルドンナの2016(父・キングカメハメハ)を、2016年2月15日に、11日遅れで出産し、母・ジェンティルドンナとして初めての仔馬を産んだ、ジェンティルドンナ)

イタリア語で貴婦人という意味で、貴婦人のように大きく育ってほしいという願いが込められている、鹿毛の女の子のサラブレッドであり、2015年3月から、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで、母・ジェンティルドンナ(Dam・Gentil Donna)として、繁殖牝馬生活を送っている、鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナ(Gentil Donna)が、2月15日・同ファームで、ジェンティルドンナの2016(父・キングカメハメハ)を、当初の予定日・2月4日より11日遅れて、無事に出産しました。

ジェンティルドンナの2016という、血統名がついた、ジェンティルドンナの初めての仔馬は、無事に立ち上がりました。

3月・ノーザンファームの放牧場には、ブエナビスタと、その仔馬の他、ヴィルシーナの2016と名がついた、ヴィルシーナ(ロシア語で頂上という意味)の初の仔馬も、母となった、ヴィルシーナと一緒に放牧されていました。

いよいよ、ジェンティルドンナは、ジェンティルドンナの初の仔馬・ジェンティルドンナの2016を連れて、放牧を始めました。

Gentil Donna「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

Gentil Donna2016「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

2015年1月に、ノーザンファームに繁殖牝馬としてやって来た、ジェンティルドンナは、ハービンジャーとキングカメハメハの2頭の種牡馬との間に種付け交配を考えた末、キングカメハメハに決まり、3月に、種付け交配を行い、受胎して成功、マタニティライフを送っていました。

ジェンティルドンナは、2月15日・当初の予定日である、2月4日より11日遅れで、無事に出産し、待望の初年度産駒が生まれたのです。

ジェンティルドンナは、ジェンティルドンナの2016と共に、放牧場を走っていました。

4月、ジェンティルドンナが、幼年時代を送る、ジェンティルドンナの2016と別れる時が来ました。

イタリア語で貴婦人という意味の、ジェンティルドンナ初の仔馬・ジェンティルドンナの2016が、幼年生活を過ごす厩舎に移動し、ジェンティルドンナは、次の種付け交配に備えて、繁殖牝馬厩舎に移動しました。

Gentil Donna2016「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

Gentil Donna2016「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ジェンティルドンナは、ジェンティルドンナの2016を幼年厩舎で別れさせて、次の種付け交配に備える為、繁殖牝馬厩舎に戻りました。

9月12日に行われた、顕彰馬を決める、記者投票の結果、2012年・2014年の年度代表馬に2度も選出された、ジェンティルドンナは、155票を集め、2013年の年度代表馬・ロードカナロア、2010年の年度代表馬・ブエナビスタを抑えて、2016年度の顕彰馬に選出されたのです。

10月10日(月・祝日)に、京都競馬場で行われた、授賞セレモニーには、馬主のサンデーレーシングの関係者の他、所属厩舎の石坂 正厩舎(栗東)の関係者が出席して行われ、賞状が贈られました。

その後・京都競馬場の第10レースが、ジェンティルドンナメモリアルとして行われました。

2015年から繁殖牝馬となり、牝・7歳になった現在も、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで、母・ジェンティルドンナとして生活を送っている、鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナ、イタリア語で貴婦人という意味の名に恥じない、美しい牝馬のサラブレッド・ジェンティルドンナ。

ドナブリーニの2009の血統名を持つ、ジェンティルドンナも、現役引退から2周年を迎えようとしている現在、繁殖牝馬としてさらなる活躍を期待したいと想い、願っている所であり、ジェンティルドンナの母・ドナブリーニは、2014年の1月26日には、ドナブリーニの2014をノーザンファームで、ディープインパクトの間に無事出産したとの事で、その後・ベルダム(Bell Dame=美しい淑女・仏)と名前が付き、すでに、産地馬体検査も受検しました、現在は、産地馬体検査を受検と同時に預託契約をかわした、栗東・石坂 正厩舎(ジェンティルドンナの現役時代に所属した厩舎)に所属・在厩しておりますが、ゲート試験も受けて合格し、11月5日のメイクデビュー・京都(サラ系2歳新馬戦(牝馬限定)・京都競馬場 第5レース)でデビューすることも決まっていて、最後の調整をしているとの事で、ジェンティルドンナの全妹・ベルダム(ドナブリーニの2014)のデビューを期待したいと想い、願っている所です。

2009年2月20日・北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで、ドナブリーニの2009として生まれた、ジェンティルドンナ。

19戦10勝の成績を挙げ、2012年・2014年の、年度代表馬に2回選出され、2014年12月28日の第59回 グランプリ有馬記念 1着を最後に現役を引退、牝・6歳の時の、2015年3月から、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地のノーザンファームで、母・ジェンティルドンナとして、繁殖牝馬生活を送っており、今年の8月12日に、顕彰馬に選出された、ディープインパクトとドナブリーニの仔・ジェンティルドンナ。

イタリア語で貴婦人という意味であり、ジェンティーの愛称を持つ、ジェンティルドンナ、牝・8歳の来年も、繁殖牝馬・ジェンティルドンナとしてさらなる活躍を期待したいと想い、願っています。

 

Gentil Donna「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル!」

 

 

史上初、無敗の三冠馬に輝いた、皇帝馬・シンボリルドルフ。(7・いざ菊花賞へ・2。)

img1_35

シンボリルドルフ「パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。」

シンボリルドルフ「ブルルルルルル、ブルルルルルル。」

シンボリルドルフ「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

シンボリルドルフ「ウ~~~~!」

シンボリルドルフ「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

シンボリルドルフは、大きい💩(うんち)を馬場に落としていた。

毛色・鹿毛の馬体のしっぽを上げて、緑色の大きい💩(うんち)を、シンボリルドルフは、落としてやった。

パーソロンを父に、スイートルナを母に持つ、皇帝馬・シンボリルドルフの、三冠レースの最終関門・第45回・菊花賞が始まる。

ファンファーレと共に、シンボリルドルフの、菊花賞のゲートインが始まるのです。

シンボリルドルフの枠入りも完了したのです。

ゲートオープンと同時に、シンボリルドルフの、第45回・菊花賞がスタートを切ったのです。

シンボリルドルフ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

2周目の直線コースいて先頭に立っていた、スズマッハなどをかわして、先頭に躍り出た、シンボリルドルフは、2着のゴールドウエイ以下を抑えて1着となり、よ史上初・無敗の三冠馬に輝いた。

シンボリルドルフ「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

シンボリルドルフ「ヒヒ~ン。」

シンボリルドルフは、大きい雄たけびでいななき、勝利を喜んだ。

その後、シンボリルドルフは、口取り式に出て、馬主・和田共弘氏・調教師・野平祐二氏(両氏も、すでに故人となっている。)騎手・岡部幸雄氏と共に、写真を撮影して終えた。

シンボリルドルフは、検査施設に行き、尿(おしっこ)の検査を受けるために入る。

シンボリルドルフ「ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

シンボリルドルフ「バシャ~~~~~~~!」

シンボリルドルフは、大きく緑色のおしっこを出してやった。

出張厩舎に戻った、シンボリルドルフは、ここで過ごした後、馬運車で、名残惜しい京都競馬場を後に、栗東トレセンを経由して、美浦トレセンに戻り、野平祐二厩舎の馬房に戻り、過ごし始めた。

史上初、無敗の三冠馬に輝いた、三冠馬・シンボリルドルフの誕生の瞬間だった、第45回・菊花賞は終えた。

その後の、皇帝馬・シンボリルドルフのことだが、1984年11月25日・東京競馬場で行われた、ジャパンカップに出走したが、カツラギエースの3着に敗れ、同馬は、初の敗戦を期したが、12月23日に中山競馬場で行われた、第29回・有馬記念では、2着のカツラギエース・3着の、グッドルッキングホース・ミスターシービーを抑えて、見事に優勝、実力日本一に輝き、1984年の年度代表馬に選出された。

1985年・牡・5歳になった皇帝馬・シンボリルドルフは、日経賞・第91回 天皇賞・春でも優勝したが、宝塚記念では出走を取り消ししていて、10月27日に東京競馬場で行われた、第92回・天皇賞(秋)では、ギャロップダイナの2着に敗れ、2敗目を帰した。

11月24日・東京競馬場で行われた、ジャパンカップでは、2着で、地方から参戦した、ロッキータイガー以下を抑えて、1着となり優勝、12月22日・小雨の降る中山競馬場で行われた、第30回・有馬記念では、グッドルックキングホース・ミスターシービーやカツラギエースなどのライバルが引退した後のレースという事もあり、10頭での競馬となっていて、2着で第46回の菊花賞を制覇した、ミホシンザン以下を抑えて優勝、連覇を達成、1985年の年度代表馬に選出されました。

1986年・3月29日(日本時間・3月30日)アメリカ・カリフォルニア州・サンタアニタ競馬場で行われた、サンルイレイステークスでの6着で終えたのを最後に、シンボリルドルフは16戦13勝の成績(海外・1戦0勝)で、競走馬生活に終止符を打ち引退、12月7日・中山競馬場で行われた、引退式には、7冠馬のゼッケンをつけて、競馬ファンに別れを惜しみました。

1987年(昭和62年)から、生まれ故郷・北海道・沙流郡・門別町(現・日高町)・門別の、門別シンボリ牧場で種牡馬入りした、シンボリルドルフは、初年度から、アイルトンシンボリ・トウカイテイオー・キョウワホウセキ・シャーマードシンボリ・ミスタールドルフ・ジャムシードなどの産駒を輩出しましたが、2004年のフロンタルアタックをもって、種牡馬を引退、2005年からは、功労馬として門別シンボリ牧場→千葉シンボリ牧場と移動しながら、余生を送っており、2010年11月28日には、ジャパンカップが第30回を迎えたこともあって、24年ぶりに東京競馬場へ馬運車で輸送され、パドックでお披露目された、それが、皇帝馬・シンボリルドルフの最後のお姿となりました。

2011年3月13日には、皇帝馬・シンボリルドルフが牡・30歳になり、血統名・ルナの名で生まれてから、30周年を迎えるに至ったが、9月下旬から体調を崩し、療養をしていたが、10月4日・繋養先の千葉シンボリ牧場で老衰の為、牡・30歳で死亡した、人間に例えれば、100歳以上になる大往生になった。

この間、1987年(昭和62年)には、顕彰馬にも選出されたとの事です。

2016年12月7日で、皇帝馬・シンボリルドルフの引退式が中山競馬場で行われてから、30周年を迎える。

昭和生まれで、生きている馬も、ミスターシービー・カツラギエース・メジロモンスニーなどが相次いで死亡していく中、最強の3冠馬・シンボリルドルフだけは、30歳で死亡するまで、長く生きたことになる。

現在・海外遠征に出かけるサラブレッドが多くなっていて、2014年に、ドバイシーマクラシックで優勝し、現在も、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、ジェンティルドンナなど、多くの馬が海外遠征を成功させている馬もある。

過去には、ハクチカラ・タカマガハラ・リュウフォーレル・スピードシンボリ・シリウスシンボリ 最近では、タイキシャトル・アグネスワールド・ハーツクライ・ディープインパクト・エスメラルディーナ・ラニなど、多くの日本産馬及び、外国産馬の日本調教馬が相次いで海外のレースに参戦しており、シーザリオみたいに、米国競馬の重賞競走を制覇した馬もいて多彩化しつつある。

中でも、ハクチカラは、アメリカで行われたワシントンバースデーハンデで、2着・アニサド以下を抑えて優勝し、日本調教馬としては、初の優勝馬になり、昭和41年(1966年)に帰国後、東北牧場で種牡馬として繋養され、さらには、インドに寄贈され、クニガル牧場にて、1979年(昭和54年)に死亡するまで、繋養生活を送ったとの事です。

1984年・1985の年度代表馬に選出された、皇帝馬・シンボリルドルフも海外遠征を果たした馬の1頭であり、天国に眠っている現在も、ミスターシービーと共に顕彰馬に選出された1頭である馬として、今後もさらなる冥福を祈っていきたい。

(終)