Skip to content

HAT TRICK ハットトリックGainesway Farm 2017

2017年3月23日

HATTRICK header-001Gainesway Farm HAT TRICK

 

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

HATTRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HATTRICK「パカッ。」

HATTRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味であり、2008年からシャトル種牡馬として、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ウォルマックファーㇺを拠点として、4年間繋養生活を送った後、牡・10歳の時の、2012~2013年の種牡馬シーズンから、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファームに移動し、現在も繋養生活を送っている、HATTRICK=ハットトリック(トリッキーコードの2001・母・トリッキーコード)は、世界中の競走馬生産牧場で繋養生活を送っている、サンデーサイレンスの産駒の1頭で、明けて牡・16歳になった、ハットトリック、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭です。

 

2月12日・京都競馬場で行われた、サラ系3歳未勝利戦で、GOLDHAT=ゴールドハット(黄金の帽子・英)と名前が付いた、黒鹿毛の男馬が、ナオアンドユリ以下を抑えて1着となり、デビュー2戦目にして初勝利を挙げると共に、父・HATTRICK=ハットトリック産駒の、中央競馬初勝利を飾りました。

合同会社小林英一ホールディングス(ゴールドシップなどでもおなじみの馬主さん。)の所有になる、パティーオーラ―イの2014という、血統名を持つ、ゴールドハットと名がついた、パティーオーラーイを母に持つ、黒鹿毛の馬は、2014年3月8日(日本時間・3月9日)にアメリカで、生産された牡馬で、2016年には初来日された黒鹿毛の馬で、父・HATTRICK=ハットトリックが現役時代にお世話になった、栗東・角居勝彦厩舎(キャロットファームの所有馬として預けられた厩舎。)に預託されたサラブレッドであり、今年の1月22日に、中京競馬場で行われた、メイクデビュー・中京で敗れはしたが、2着でデビューし、今回・京都競馬場で行われた、サラ系3歳未勝利戦でデビュー2戦目にして、初勝利と同時に父・ハットトリックの産駒の日本競馬初勝利を果たしたのです。

3月4日の東京競馬場での特別競走では、3着に入る健闘を見せており、今後のゴールドハットの活躍が楽しみになりました。

2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)追分向陽1233-1番地の追分ファームで、トリッキーコードの2001として生まれた、HATTRICK=ハットトリック、牡・16歳の現在・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、GAINESWAY FARM=ゲインズウェイファームで、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送っていて、昨年には、同じ日本産馬の1頭で、フランス調教馬として活躍し、ブリーダーズカップに参戦する為、アメリカに遠征して優勝し、そのまま種牡馬に加わった、カラコンティ(ヴェルトハイマー氏・フランスの名義で生産。)も繋養生活を送っていて、バーンスタインの後継産駒の1頭として、繋養生活を送っており、牡・16歳になった、HATTRICK=ハットトリックにとって新たなライバルサイアーホースとして活躍が期待されているようです。

マイラーチャンピオンホースとして、マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイルなど、マイルの重賞競走を制覇したり、2005年の最優秀短距離馬に選出されるなど、21戦8勝の成績を残すなど 短距離馬として活躍した、HATTRICK=ハットトリックも、2007年・5月8日日・現役引退を発表し、5月10日付で競走馬登録を抹消・すでに閉鎖された、山元トレーニングセンターで出国検疫検査を受けた後、5月29日・飛行機で長く世話をしてきた、日本を後に渡航しから10年。

HATTRICK=ハットトリックは、2007年6月にシャトル種牡馬として、アメリカ合衆国に輸入されて、ちょうど10年を迎えるところです。

HATTRICK=ハットトリックは、2008年~2011年まで、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファームを拠点に4年間繋養生活を送りました。

牡・10歳の時の2011年11月18日(日本時間・11月19日)・4年間のシャトル種牡馬生活を終えて、現在の繋養先・GAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)にやって来たのです。

GAINESWAYFARM STALLIONS COMPLEXに、HATTRICK=ハットトリックの厩舎があり、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送っています。

HATTRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

HATTRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HATTRICK「ブルルルルルルルル。」

HATTRICK「ウ~~~!」

HATTRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは。大きい尻尾を上げて、緑色の💩(うんち)を落としていました。

ハットトリックはサンデーサイレンスとトリッキーコードの仔です。

美しくきれいな青鹿毛の馬、それがハットトリックです。

HATTRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは大きい声高くいななく馬です。

HATTRICK「ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

HATTRICK「バシャ~、ジャ~~~。」

ハットトリックは大きいおしっこ(尿)を出していました。

HATTRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、生まれ故郷・北海道を想い出しながら、声高くいななく馬、それが、ハットトリックです。

HATTRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HATTRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

大きい雄たけびでいなないては、元気に過ごしている、ハットトリックも、4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・16歳の誕生日を迎えようとしているとの事で、2017年~2018年の種付け料も、5000万ドルと落ち込んでいるが、それでも、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭としての、HATTRICK=ハットトリックのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

 

 

 

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。