Skip to content

カルティエ賞・最優秀2歳馬は、ダビルシム(DABIRSIM)が受賞。

2011年12月5日

フランス競馬の最優秀馬を決める、今年(2011年)のカルティエ賞の各部門が、11月22日(日本時間・11月23日)に発表され、この内・最優秀2歳牡馬には、今年の10月2日(日本時間・10月3日)にロンシャン競馬場で行われた、第152回・ジャン・リュック・ラガルデール賞で、ソファースト・サリュールを押さえて、1分19秒85のタイムで、日本産馬を父に持つ馬では初の制覇を果たした、DABIRSIM(ダビルシム サイモン・スプリンガー氏 所有 C・フェルランド厩舎(フランス)・所属)が選ばれ、初受賞しました。

ダビルシム(DABIRSIM)は、2009年2月5日生まれ・フランス Mue L.Mofort氏の生産の競走馬で父・ハットトリック(HAT TRICK)・母・ルモレード(RUMORED・フランス読みでは、ルーマード)の血統による、ルモレード(ルーマード)の2009が血統名の、黒鹿毛・牡・2歳の競走馬です。

今回・カルティエ賞・最優秀2歳牡馬・受賞馬・ダビルシム(DABIRSIM)の、父・ハットトリック(HAT TRICK)は、現役時代・キャロットファームの所有馬として、日本の中央競馬で活躍した、サンデーサイレンスとトリッキーコードの血統による青鹿毛の競走馬で、未勝利・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイルなど、21戦8勝の成績を残し、2005年の最優秀短距離馬にも選定され、受賞した馬でしたが、2007年5月8日に現役を引退、5月10日付けで競走馬登録を抹消、その後、山元トレーニングセンターで出国検疫検査を受検した後、5月27日に日本を後に渡航しました。

カルティエ賞・最優秀2歳牡馬・受賞馬のダビルシム(DABIRSIM)の父・ハットトリック(HAT TRICK)は、2008年から、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊の、パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で、種牡馬入りし、3年間繋養生活を送った他、オーストラリア(インディペンデントスタリオンズ)・アルゼンチン(エルマリン牧場)と、シャトル種牡馬として半年間、繋養生活を送るなどして来ましたが、牡・10歳になった、今年の11月上旬・同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊の、パリスパイクにある、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウエイファーム)に売却、11月中旬には同ファームに移動されました、牡・11歳になる来年から同ファームで新生活を送る予定になっており、今後の活躍が期待されています。

今回・カルティエ賞・最優秀2歳牡馬・受賞馬のダビルシム(DABIRSIM)は、6月8日の、一般戦・1着で、C・フェルランド厩舎(フランス)から競走馬デビュー、カブール賞・モルニ賞・ジャン・リュック・ラガルデール賞など、5戦5勝無敗を挙げ、特に、10月2日(日本時間・10月3日)に、ロンシャン競馬場で行われた、ジャン・リュック・ラガルデール賞では、2着のソファースト以下を抑えて、1853年グラン・クリテウム賞として創設され、2003年に現競争名に改称されて以降では初の日本産馬を父に持つ馬が制覇を成し遂げた様で、この功績が認められ、初の授賞馬に選定され受賞しました。

今回・カルティエ賞・最優秀2歳牡馬・受賞馬に選定された、ダビルシム(DABIRSIM)の、来年の活躍を期待したいと想い、願っています。

広告

From → 海外競馬

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。